横浜,安田法律事務所,自動車のページ ☎ 045-651-9631

私が乗った経験のある自動車です

MITSUBISHI コルト

三菱コルト 

これは昭和51年7月、大学1年生のとき、高校時代の仲間3人と北海道旅行に行ったときの写真です。叔母の自動車を借り受けて、免許取り立ての4人で10日間のドライブに行きました。排気量1000㏄、4速コラムシフト、クーラー無し(当時としては、普通です)、中波ラジオのみ。カーステレオと言えば8トラックで、このころにカセットテープ式に入れ代わり始めました。ちょっとした交通事故のため廃車となりました。

TOYOTA TE51 レビン(53年式)

カローラ レビン

昭和53年式TE51型レビン。2TGEUエンジンで排気量1600㏄、グロスで110馬力、ネットだと85馬力くらい。軽量でよく走りました。時速140㎞を超えるとパワー不足のため加速しない。リアはリーフスプリング(リジッド)、タイヤの性能も悪いためグリップせず雨の日のコーナーでブレーキを踏むと必ず後輪が滑り出しました。幅が185ミリという当時としては太いタイヤにパワーステアリングもなく直径36㎝の小さなハンドルは重く(ナルディに変更済み)、据え切りは不可能。少し車を動かしていないとハンドルは回らない。車体は華奢で交通事故にあったら致命的。シビエのフォグ。アンダーガード、KSツインカウンターを付けてありました。

NISSAN SKYLINE GTR

スカイライン

加速、走る、曲がる、止まる性能は抜群。どんなコーナーでも曲がれる(気がする)最高の自動車、ドライバーの思ったとおりに運転できる素晴らしい車。 加速性能がいいのでコーナーで頑張る必要がなく、コーナーはゆっくり回って、直線に入ったらアクセルをガーンと踏めばドキューンと後続車を離していきます。

京都まで東名高速を使わないで往復したことがあります。運転は大変でしたが車とシートの出来がいいせいか10時間以上運転しても腰が痛くなることはありませんでした。当時、京都で修習していたAに泊めてもらいました。帰りは夕方5時に京都を出て夜通し走り、翌朝5時ころ、夜明け前の西湘バイパスを東に向かって走ったのを覚えています。あのころは元気がありました。 この車は燃費が悪い。普通でリッター6㎞、アクセルを開けると4㎞位。一度走りに行くと1万円かかるので、このころから、ガソリンはクレジットカードで入れるようになりました。クラッチも重すぎ。1年半しか乗っていませんでしたが、強烈な印象を持ついい車でした。

TOYOTA クラウン ステーションワゴン

クラウン

GTRの次に乗ったのがこのクラウン ステーションワゴン2.5ロイヤルサルーン。7年間乗りましたが、故障せず非常に丈夫で信頼性の高い自動車でした。静かな6気筒エンジン。クラウンはパワーステアリングが非常に軽く、ほとんどの道路は、親指一本をハンドルの下にひっかけておくだけで走ることが出来ました。シートも大きく座り心地が良く好評でした。車格の割に車巾が狭いので、全長は長くても走りやすい車でした。 コーナーを速く走ることは出来ないけれど、独特のふわふわした乗り心地はとても素敵なものです。 こういう車を自動車評論家が評すると、ひどい評価しかしません。彼らは、自動車というものを、エンジン性能は高ければ高いほどいい、サスペンションは安定して高速コーナリングできるほどいい、ブレーキは良く効くほどいい、というように、いわばスポーツカーをみる目でしか評価することが出来ないのです。スポーツカーを評価する物差しで全ての車を評価しようとするからダメなのです。

SUBARU レガシー

レガシー

3代目レガシー ブライトン。レガシーの4駆は素晴らしく雨の高速道路と雪道での安定性は抜群。水平対向エンジンによる低重心も有効で実用的な意味ではこれほど速い自動車は無いと思います。乾燥した高速道路ならベンツやポルシェの方が速いでしょうが、どんな悪天候でも安定して速いのはレガシーです。ただし、レガシーの安定性はアクセルを踏んでいるときだけで、ブレーキを踏んだときの不安定さは普通の車と大差ありません。この落差が激しいので交通事故も多いだろうと想像がつきます。2リッターノンターボは燃費も良く四輪駆動とは思えない高燃費でした。ただ、4気筒で振動が多くエンジン音も少々うるさく、乗り心地がいいとは言えませんでした。

レガシー4代目は試乗記にシートが悪く後席が狭いと書かれていたので買いませんでした。レガシーの走行性能に感動するのは雨の高速道路と雪道を走ったときだけですが、シートは毎日座るのです。シートが悪い車は毎日乗るたびに不満を感じます。後席が狭ければ家族から大きな不満が出ます。家族から不満が出ると父親の立場が悪くなります。父親の立場が悪くなると、好きな車が買えません。スバルの開発者にはこういう感覚が無いのでしょう。 

HONDA ステップワゴン(RF3)

ステップワゴン

屋根の上はハンググライダー。人がたくさん乗れワンボックスの割に走行安定性が高い自動車。第三京浜を時速70~80㎞で走行中、突然、目の前に割り込まれ、本気の急ハンドルで交通事故を回避したことがありますが、極めて安定していました。回転対座シートとテーブル。明るい室内。大きいわりにいい燃費。シートが座るために出来ていないため運転が疲れる。乗り心地が良くない。運転が退屈。バスの運転手になる覚悟が必要なところ。

回転対座シートはとてもいいものです。実際にシートを回転させて対面式にしたことは乗っていた5年間のうちに5、6回しかありませんが、対面式にしたときの満足感は普段の無駄を補って余りあります。レストランモードにして、小さなテーブルを囲んで、子供たちと食事することは本当に楽しいものです。一年に一回しか使わなくても一回使ったときの楽しさで元がとれるものです。赤色にしたのは、子供たちが大きくなっても、真っ赤なステップワゴンで色々な場所に行ったことだけは覚えているだろうと期待してのことです。外装が赤、内装が黄色、クマのプーさんのシートカバーを作っていましたから、子供にはとっても楽しい車だったはずです。5年間乗りシートよりも子供たちが大きくなり売却しました。小さかった子供たちを乗せて楽しい思い出を作ってくれた車です。

OPEL VITA(ヴィータ)

オペル ヴィータ

2000年式オペル ヴィータ。頑丈なボディ、4つのエアバッグ、後席にも3つのヘッドレスト。時速70~80㎞を超えると安定性が増すところなど欧州の小型自動車です。特に故障もなく、故障しても、日本車よりも少し高い程度で外車の中では修理費用が安くすみます。子供たちを交通事故から守ってきれたいい車でした。欠点は燃費が悪くエアコンが効かないこと。「無いよりまし」という程度しか効きません。タイヤをコンチネンタルからブリヂストンに換えたらハンドルが格段に軽くなりました。やはり、日本の道には日本のタイヤです。

TOYOTA アベンシス 2・4L

アベンシス

アベンシスは、トヨタがイギリスの工場で製造した輸入自動車。ヨーロッパ戦略車です。ベンツのCクラス、BMWなら3シリーズ、アウディならA4、フォルクスワーゲンならパサーとなどと競合します。 車の性格は、ドイツ車と日本車の中間。日本車と比べると非常にドイツ車的で硬いのですがドイツ車ほど硬くはない。ヨーロッパで売るために設計された車で、実際、ヨーロッパでは大ヒットしたように非常に優秀な車です。しかし、日本では売れませんでした。

ドイツ車の様に質実剛健で事故でも安全トヨタだから壊れないという素晴らしい車です。4気筒ですがバランサー付きなので振動が少なく室内の遮音レベルが非常に高く静かです。スムーズなオートマチック。ドアの閉まる音がいい。高級車の音がします。突出した性能の部分がないけれども、その代わり、走るための全ての機能が非常に高水準。長距離を走っても全く疲れないシートの良さ。燃費は、10~12㎞。ドイツ車よりはいいけど、日本車の平均よりは良くない。

ハーレー スポーツスター883L

ハーレー スポーツスター

ハーレーで一番小さな排気量のスポーツスター883L 2005年式。正確に言うと現在は750㏄車が発売されているので最小ではなくなりました。883㏄、空冷、V型2気筒、OHV、キャブレターという古いメカニズム。ハーレーはこの車種をハーレーの入門モデルとみて価格を低く抑えてあります(中古なのでさらに安く入手しました)。音や鼓動、雰囲気などハーレーらしさは十分です。乗ってるだけで充分楽しくスピードを出す必要はありません。乗らないで磨いているだけでも充分楽しい。国産マルチシリンダーのスーパーバイクとは、全く別の乗り物です。

法律相談予約方法 (045-651-9631)

法律相談の予約は事務所に電話して下さい。相談を希望される方のご都合と弁護士の予定を合わせて調整をします。電話でお気軽にお問い合わせください。平日の午前9時30分から夕方5時までが電話の受付時間です。昼休みや休日、夜間は留守番電話に録音してください。こちらから電話いたします。

弁護士 安田英二郎

弁護士になって26年,市民,県民の多くの事件を扱ってきました。お気軽に相談してください。初回相談料は,5,000円(税込み)の定額です。

最寄り駅は,関内駅,馬車道駅

事務所の地図へ