相続の相談は横浜の安田法律事務所 ☎ 045-651-9631

横浜の相続に強い安田法律事務所

相続

相続相談は任せて下さい

離婚

離婚は早めの相談がベストです

交通事故

交通事故の注意と法律関係

医療過誤

医療過誤の詳しい説明です

借地借家

借地借家問題,特に大家さん必見です

事務所紹介

離婚,相続を多数扱う横浜の法律事務所

横浜で相続の相談は任せてください

相続は家族や兄弟の争いになります。お金にからむことははっきり言いにくく、相手が身内ならばなおさらです。親の面倒を誰がみたとか、昔のことも出てきます。できるだけ事を荒立てないで解決できればいいのですが、自分だけ損するのも納得できないものです。相続は単純にお金を分けるだけではなく、そういう複雑な気持ちのからみあった事件なのです。皆さんのお役に立てるように頑張ります。

初めての法律相談は定額の5,000円(消費税含む)

初回法律相談の料金は、特に時間制限なしで5,000円(消費税を含む)です。時間を気にしないで相談することができます。2回目以降の相談では、5,000円/30分ごと(消費税が必要です)となります。

法律相談をした後に事件を受任した場合は、初回相談料を着手金の一部に充当します。受任した後は法律相談料はかかりません。弁護士費用の具体的なことは、弁護士費用のページをご覧いただくか、法律相談のときに直接お聞きください。

弁護士費用の説明はこちら

弁護士の法律相談は誰でも同じではありません

あなたの職場では新人もベテランと同じ仕事ができますか?どんな仕事であっても初心者とベテランでは違うものです。弁護士は弁護士会に登録した瞬間から弁護士にてりますが、裁判官はまず「判事補」になり、だいたい10年経験を積んでやっと一人前の「判事」になります。どんな仕事でも仕事が出来るようになるまでには時間がかかるものです。現実の事件はそれぞれに特殊な事情があります。その事件の場合はどうなるか?その回答をするためには本に書いてある知識だけではなく経験が必要です。弁護士の価値はその経験に基づく判断です。弁護士になったばかりの新人弁護士が適切なアドバイスをすることは難しいものです。法律相談は誰でも同じになるわけではないのです。

安田弁護士のプロフィール

昭和31年川崎生まれ、現在59歳。慶応大学文学部卒業。関東学院大学法科大学院が開設されてからこれまでずっと教授(実務家教員)として勤めてきました。弁護士経験は25年。弁護士になってから分かったことは、「どんな仕事でも全力を尽くす他はない。この仕事はこの程度・・・と手を抜かないことが大切。」余暇はバイク(ハーレー スポーツスター)、スキー、ハンググライダー、木工、バラ栽培その他

法律相談予約方法 (045-651-9631)

法律相談の予約は事務所に電話して下さい。相談を希望される方のご都合と弁護士の予定を合わせて調整をします。電話でお気軽にお問い合わせください。平日の午前9時30分から夕方5時までが電話の受付時間です。昼休みや土日・休日、夜間は留守番電話に録音してください。こちらから電話いたします。

弁護士 安田英二郎  横浜弁護士会所属(平成28年4月からは神奈川県弁護士会と名称が変更されました)

弁護士になって26年,市民,県民の多くの事件を扱ってきました。お気軽に相談してください。初回相談料は,5,000円(税込み)の定額です。時間や相談料を気にしないでお話しください。

最寄り駅は,関内駅,馬車道駅

事務所の地図へ